さくや妖怪伝

監督:原口智生

脚本:光益公映

出演:安藤希、嶋田久作、藤岡弘、松坂慶子、逆木圭一郎、黒田勇樹、塚本晋也

ストーリー

 宝永四年。富士の大噴火により、悪しき妖怪達が地上へと放たれた。妖怪討伐士のさくやは、弟代わりに育てた河童の子供と、仲間二名を引き連れ妖怪討伐の旅に出る。

 怪猫、怨霊武者などの強敵(でもない)を次々と倒し、唐突に始まる妖怪ダンスも拝んださくや達。やがて彼女の前に土蜘蛛の女王が現れる。例によって例の如く巨大化し、次々と倒される仲間達。もはや絶対絶命!しかし…「おんりょーたいさーん!」気の抜ける掛け声と共に地面に刀を突き刺すさくや。次の瞬間、土蜘蛛の女王は消滅した。最初からそれ使え  

レビュー

 劇場公開から僅か2ヶ月でDVD化という異例のミラクルを達成した本作。それも納得の出来。往年の妖怪映画への愛はクドイほど伝わってくるが、今の子供達はチープな気ぐるみの化け猫や、糸で吊ってるのがモロバレな唐傘お化けを見て喜ばないと思う。かといって、当時の妖怪映画に歓喜した大人達の鑑賞に耐えうる出来とも思えない。意味も無く始まる妖怪ダンスや松坂慶子の歌謡ショーは時間稼ぎ以外の何者でもないし、主演の安藤希の演技はフニャフニャ、殺陣はヘッピリ腰と来たもんだ。

 ちなみにエンドロール中にも妖怪数匹によるダンスが始まるが、気ぐるみの妖怪連中は前が見えていないため、何度も隣の奴と衝突していた。最後の最後までやってくれる

 

あー面白い

 

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送